FC2ブログ

メル友

ソフレサイトランキング
私には、今とある悩みがある。
なかなか人には話せないような内容・・・。
それは、「誰かの顔の上に乗りたい」という願望があること。
しかも、アソコの匂いが強ければ強いほど、そんな匂いを嗅いでもらいたいと思っている。
こんな話、普通の人にはなかなかできない。
だから私は、メル友を見つけることにしたのだった。
私が利用したのは、とある出会い系サイトに設置されている掲示板。
その場を借りて、「こんにちは。メル友を募集します。普段、人には話せない性癖を持っているのですが・・・、同じような方はいませんか?具体的には、私は、主に男性の顔の上に乗って、アソコの匂いを嗅がせるのが好きです(笑)」というような書き込みをした。
すると。
アッという間に、サイト内の受信ボックスがメールでいっぱいになった!
「女性」と限定をしなかったせいか、男女問わず、色々な人からメールをもらったものだ。
だが、私は、「女性」が良かったので、「女性」を選ばせてもらうことにした。
メル友として、メールから始まる仲であるものの、いつかは実際に、会うことも視野に入れている為、できたら、同性の人が良かったのだ。
ここでメル友として縁があったのが、L子だった。
彼女もなんと、私と同じく、主に男性の顔の上に乗ることが好きな女性。
それに加えて、オシッコをすることにも関心があるということだった。
私も含めて、世の中、本当に色々な人がいるものだと実感する今日この頃である。

お金くれる人
パートナー募集

お金くれる人

愛人サイトランキング
彼氏のこと、お金くれる人って思ってるわけじゃないんだけど、付き合ってるうちにそんな感じに思えてきちゃって。
っていうかさ、彼氏、ギャンブルする人でね。それも強いみたいで。
で、ちょくちょく「今日、勝ったからお小遣いあげる」って私にお金くれる人で。
私も最初のころは「ワーイ」なんて簡単に言ってたけどさ、結構その金額が積み重なってて、彼氏からもらったお金、へそくりみたいに貯めてるんだけど、今50万くらいになってる。
こうやって、お金を貯めてるとさ、どんどん欲が出てきちゃうじゃない?
で、今日、お金くれるかしら?なんて期待しちゃったりするようになっちゃうのよ、卑しいことに……。
こんな風に、彼女にお金くれる人ってなかなかいないよね。普通、ギャンブルって言ったら、勝っても、勝ち続けることはできなくて、負け続けてとうとう借金背負って自己破産みたいな、そういう話ばっかり聞くでしょ。
半年くらいたった時に、なんか怖くなっちゃって。
だって、彼からもらったお金を貯めてた箱、いっぱいになってきてたし。ちょっと異常じゃない?
それで、「ギャンブルってどのくらいしてるの?」って聞いたの。
「週に一回とか2回くらいかなー」って。「どのくらい勝ってるの?」って聞いたら、「まぁ、そこそこ?」なんて誤魔化された。
「借金とかないよね?大丈夫だよね?」って心配して聞いたら、「お金くれる人がいるんだよ。自分の金でやってるわけじゃない」って彼、いうの。
なんかね。彼、ギャンブル運が異常に強くて、それで人に頼まれて代わりにギャンブルして、勝った何割かをもらってるんだって。。。
投稿
パパ募集掲示板

交際クラブ

愛人サイトランキング
私は交際クラブという出会系サイトをよく利用します。大学生なので、時間はあるけどお金がない。そんな状態だからです。ほしいものも山ほどあります。交際クラブを利用し始めたのは、そんな金銭難からです。友人もよく利用していて、こないだの交通費はいくらもらった。とかいう話しをよくします。交際クラブの良いところは、自分で相手を探さなくて良いところです。サイト側が仲介してくれるので、気が合えば会うし、気が合わなければ会わない。そんな感じです。だから、お金が必要な時は紹介された男性と全員会います。その月によっては、普通に社会人になって働くよりも、稼げる時があります。こんなことをしていると普通に働くのが馬鹿らしくなりますが、いつまでも、こんな状態が続くわけがないと思っているので、将来的にはきちんと就職するつもりです。今は若いから、みんな高額な交通費を払ってくれますが、これから年齢を重ねるうちにきっと、交通費は下がってしまうでしょう。そうなった時に、なんの仕事もしたことがなかったら、それこそ人生取り返しがつきません。私は、大学生活をよりよく、楽しく過ごすためだけに今の関係を続けているので、就職先が決まったら、この生活はキッパリ辞めるつもりです。でも友人はというと、この生活から抜け出せずに、就活をする気配がありません。彼女の人生だからと思いますが、友人としては心配です。そんな私も就職先が決まらなかったらどうなるのかわからないんですけどね。
2ちゃんねる
食事だけ

食事だけ

愛人サイトランキング
私が利用しているパパ募集掲示板は、やっぱり体の関係を求めてくる人が多いです。
私は彼氏がいて、彼氏にばれないようにパパ募集しているので、できれば体の関係は避けたいのです。
だから、食事だけって募集してくれてるパパと会うようにしています。
食事だけって募集している大体のパパは、募集内容通りに本当に食事だけを希望してくれているのですが、時々、食事だけって書いて募集しといてその先を交渉してくる人がいます。
食事だけで募集した方が警戒心が無くなるし、処女の女の子に当たる事もあるらしく、そういう事を書いてくる輩がいるのです。
この前食事だけって言う事であったおじさんは、食事の後にカラオケに誘われました。
カラオケなんて密室だし絶対に行きたくなかったのですが、カラオケに行ってくれたら倍額払うよって言われたのです。
変な事しないでくださいねって念押ししてカラオケに行きました。
最初は楽しく歌ってたんですけど、おじさんがビール2杯くらい飲んだ辺りから、急に私との距離を縮めてきました。
そして、私が歌っている時に、太ももの上に手を置いてきたのです。
私は怖くて怖くて、泣きそうになりました。
歌うのをやめて、おじさんにやめてよ!って怒りました。
おじさんは、ごめんごめんって悪びれた風もなく謝っていましたが、その後も隙を見ては太ももを触って来たり、胸に触ろうとしたりするのです。
いい加減に怒った私は、おじさんを置いてカラオケを飛び出しました。
結局カラオケで払うって言われたお小遣いも貰えずじまいでした。
夫の愛人
夫の愛人

お小遣い稼ぎ

愛人サイトランキング
学生のとき、ちょっとしたお小遣い稼ぎにキャバクラでアルバイトをしていました。
おしゃれをしておしゃべりをしながらお酒を飲めるなんて天職だと思ったんですが、実際に勤めてみると女の子同士の陰険ないじめがあったり、お客さんからのセクハラがあったりして、あっという間に病んでしまいました。
それで、もうお店をやめようと思っていたときに、あるお客さん・・・医者をしているというAさんから、彼の愛人にならないかという誘いを受けました。
毎月30万円のお手当てと引きかえに彼の愛人になる・・・
一瞬、そういう生き方もありかなと思ったんですが、やっぱり愛人になると色々と条件がつくという噂で、私はそういう風に束縛されるのがいやで、お断りしてしまいました。
まとまったお金をもらえるのは嬉しいけど、やっぱりそれだけのものをもらうとなると、正直怖いし・・・
するとAさんは、月極めがいやなら、お小遣い稼ぎ程度の都度払いの愛人でもいいよと言い出したんです。
月極めの愛人をするよりも条件がゆるい代わりに、毎月定額のお手当てをもらうのではなく、会う都度5万円をくれるって・・・
Aさんは忙しい人なので、そんなに毎週毎週会うわけではないし、そっちのほうが気楽だと思って、私は結局都度払いの愛人になることに決めました。
Aさんは経済的に余裕のある人だったので、ラブホテルや居酒屋で会うのではなく、毎回高級ホテルのレストランで食事をして、そのままホテルの部屋でエッチするというのがセオリーでした。
彼はいやな人ではなかったので、たまの愛人生活は、楽しいといえば楽しかったです。
私が就職活動に失敗して地元に帰ることになったとき、彼から、生活すべての面倒を見るから、彼の用意したマンションでずっと暮らせばいいのにと誘われました。
ちょっと迷ったけど、将来のことを考えると怖かったので、なんとか振り切ってお別れすることができました。
いやな人ではないんだけど、人生丸ごと預けられるかといえばそうではないんですよね。
愛人生活
愛人契約

スポンサー

愛人サイトランキング
世の中、様々な性癖を持つ野郎どもがいる。
女性のおしっこが大好きな聖水フェチ。
女性の体臭が大好きな匂いフェチ。
女性の脚を眺めたり、踏まれたりするのが大好きな脚フェチ。
例を挙げたらキリがないだろう。
私は普段、そういうヤツラを相手に、イベントを開催したりしてお小遣い稼ぎをしている。
それで十分ではあるものの、最近、私はフェチを定期的に、サービスとして、世の中の野郎どもに提供することはできないものだろうか?と思うようになった。
色々なアイデアが頭をよぎったものの、実際にできそうなこととして挙がったのは、自分でフェチについてカミングアウトすることができるサロンを持つことである。
変態が集まり、変態話について盛り上がり、変態同士で仲良くできる場所。
「こんなことができたら、なんて素敵なんだろう!」
そういうわけで、私はさっそく、スポンサーとなってくれる人を募集することにしたのだった。
実際に出会えるということで有名なあの出会い系サイトを使い、スポンサーを探した私。
意外かもしれないが、すぐにスポンサーになりたいという相手は見つかった。
彼曰く、「前々からお店の経営に興味があったことと、スポンサーとなることで、世の中に貢献ができると思った。まあ、SMやらフェチやらアブノーマルなこと自体には興味はないのだけれども(笑)」とのことだった。
今や、強力なスポンサーとなってくれた彼を味方にしつつ、お店の設計で頭をいっぱいにしている。

チェリーボーイ
逆援

彼女いない

筆おろしサイトランキング
彼女いないと思って、ちょっと気になる人に告白っていうか、デートに誘ったのね。
「一緒に映画行かない?」みたいな。軽いジャブ。
そしたら、その時になって、「あ、その映画、この間彼女と見ちゃった。ゴメン」って謝られて。
えー、今?今、それ言うの?彼女いないんじゃなかったの?この間の飲み会では「彼女と別れてもう半年」とか言ってたのに?
騙されたみたいな気になってさ。「私、彼女いないと思ってたから」って悔し紛れに言っちゃったのね。
そしたら、「みんなには秘密だよ」って。
なんかさ、一人の先輩で彼女いない人がいるんだって。で、その先輩の前で彼女の話すると、機嫌が悪くなるから、みんなで示し合わせて、彼女はいないってことにしてるらしいよ。
「男の付き合いも色々めんどくさくて。ごめんな」って頭なでられた。
それ以来、逆恨みなのは分かってるんだよ、だけど、その彼女いない先輩のこと、大嫌いになっちゃって。
あいつに彼女いないせいで、みんなが彼女いないってウソつかなきゃいけなくなって、それで私まで騙されて、やっとの思いでデートに誘ったのに、みっともなく振られる羽目になったって。
いや、その先輩とは私そんなに絡みなくて、よく知らなかったんだけど、やっぱりモテないだけのことはあるんだよね。
うざったくて、熱くて、空気読めてないし、一人で先輩風吹かせていい気になっててさ。
あんまり嫌いになっちゃってたから、逆にその先輩のこと無意識に観察するようになってたのね。
そしたら、その先輩、何を勘違いしたか、私がその先輩に気があるって思いこんじゃってた。「だって、あの子、俺のことじっと見つめてるし」って……。
セフレ募集
ワンナイトラブ

ワンナイトラブ

セフレ募集サイトランキング
大学の友人と出会い系サイトで知り合った女性とコンパをした時のことです。もともと、コンパをするために出会い系サイトで、相手の女性を探していたのですが、まさか僕がその中の1人の女性とワンナイトラブすることになるとは思ってもいませんでした。僕はどちらかというと目立たないタイプなので、今までコンパで女の子とそう言った関係になったことはありませんでした。大体は盛り上げ役の友人が一番美味しいところをもっていくので、僕はコンパが終わると家に帰る。といった感じでした。その僕が、ついにワンナイトラブというものを経験してしまったのです。今回は僕が、相手の女性を探す役目だったので、出会い系サイトで相手の女性を探し、その女性の友達も合わせてコンパする。といった感じでした。コンパしてくれる人。ということで書き込みをしたのですが、なかなか連絡はこず、ようやく連絡くれたのが彼女でした。会った時に気まずくないようにと、事前にコミュニケーションをとっていたので、彼女と僕は会ってからもすぐ打ち解けることができました。そして、連絡をとっていた相手の女性は僕の好みでした。コンパ相手を探している時は正直面倒くさいと思っていたのですが、その苦労が報われた気分でした。それから、食事をしカラオケでお酒を飲んだんですが、そこで盛り上がり、僕と彼女は良い感じになったのです。それから、各自解散となったのですが、僕は彼女を送っていくことになり…ワンナイトラブを果たしたのでした。
一人暮らし
泊め男

泊め男

神待ちサイトランキング
泊め男っていうか、女の子を泊まらせてあげる代わりに、こう色々なこともOKみたいな出会い系ってあるでしょ。
俺、あれで一回大失敗?なのか大成功なのか、したことあってさ。
ダブルブッキング。泊め男とかの掲示板で、とある女の子と約束したの。だけど、その子が「今日は他にあてできたかも」みたいに連絡よこしてきたんで、別の子探したの。
で、その子と約束して、待ち合わせ場所に向かってる時に、キャンセルしたと思ってた子から「今日、やっぱり泊まらせて」って。
「あー、他の子と約束しちゃったんだよね」って返事したら、「こっちは別にかまわない」。「部屋せまいしさ」「横になれればいいから」。
「一応、他に約束してる子に聞いてみないと」「うん、後で連絡して」って流れ。
泊め男ってだけなんだけど、ちょっとモテたみたいな気分で嬉しかったのは本当。
待ち合わせ場所で、その女の子に「もう一人泊めて欲しいって言ってる子がいるんだけど」って言ったら、「おにーさんが構わなければ、私はいいですよ。私も泊めてもらえればいいだけなんで」って。
いや、泊め男としてはさ、頭の中、両手に花で、二人の女子から攻められてってのを妄想してたんだよね。
うはうはな状況じゃんって。で、また待ち合わせ場所でもう一人の女の子拾って、家に行ったわけ。
だけどさ、多分、こういう状況になったら、ほぼ半数以上の男子が俺みたいな目に合うと思うよ。
二人のお姫様に仕える下僕になりさがった。お茶入れて、お風呂沸かして、ご飯おごって。
女子二人は、女子トークで盛り上がって、俺、自宅なのにアウェイな気分だったもん。
パパ活
生活支援

妊活

パパ活サイトランキング
私は、とある出会い系サイトで出会った人と一緒に、妊活をしている。
妊活。皆さんも聞いたことがあるにちがいないこの言葉。
一言でいえば、妊娠する活動である。
なんで妊活を始めたかというと、私自身が、できちゃった婚を希望していることに関係がある。
めでたく妊娠して、お腹に赤ちゃんがいる状態になれば、相手の男性もすぐに納得して結婚してくれるにちがいないからだ。
そう、それを夢見ているから、私は妊活をしているのである。
妊活を始めてから気付いたことは、思っていたよりも、体力を使うんだなあ、ということ。
だって、妊娠する為には、なんといっても、エッチをして相手の子どもを身籠る必要があるワケだから、中出しで毎回しなければならないのだ。
正直、今日はちょっと…という時が、誰にでもあるかと思うのだけれど、妊活中だと、なかなかそうもいかない。
人間のからだのメカニズムとして、妊娠する時とそうでない時、もっといえば、妊娠できる時とできない時があるので、それに合わせてセックスする必要があるのだ。
正直、疲れることもある・・・だが、私の妊活に協力的なパートナーを見つけたことが幸いして、けっこう上手く中出しセックスすることができている。

さて、妊活を始めてかれこれ、数か月くらいが経つが、あと、どれくらいしたら彼との間にい子供ができるかわからない。
きっと、当分は彼との妊活二人三脚生活が続くのだろう。
だが、ゆっくりまったりと、彼との妊活を頑張っていこうと思う。

愛人の作り方
愛人契約