FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホ別

セフレ募集サイトランキング
ホ別3は欲しいところだよね。
最近、ホ別2とかイチゴとか多いから、3って割と高い方になっちゃうみたい。
だけど、自分が注いだ労力とか努力とか、色々考えたら、ホ別3以下はちょっとないな・・・。
だって、日々ホ別3の獲物を探す労力でしょ、可愛い下着を買ったりするし・・・服も化粧品もタダじゃないわけで。
女として一番いい時期を犠牲にしてるんだから、3でも安いと思うよ?
ホ別5とか10だって、安いと言えなくもないと思う。
女を武器にする稼ぎ方って、スポーツ選手と同じだよね。
年齢制限があるし、そのパフォーマンスのために日々努力しなきゃいけないし。
そのために年俸が億になっちゃうのもうなづける。
ピークの数年の間に一生分稼ごうと思ったら、そのくらいは必要だよ。
ホ別の場合は、それが職業じゃないけど・・・副業みたいな位置づけになっちゃうけど、似たようなもんじゃない?
私は、ホ別3から5が妥当だと思うよね。
それ以下でってなると、他の女性にも迷惑かかるから、止めてほしいなと思う。
ほら、いるでしょ?ホ別イチゴならまだしも、5千円とかそれ以下でOKしちゃうよなう女。
ああいうの、ほんと迷惑。
女の敵は女、なんて言うけど、ほんとそうだと思う。
別に料金一律にする必要はないよ。「女」としての商品価値ってそれぞれ違うし。
胸がデカイ女と、ちっさい女が同額ってわけにもいかないでしょ?
経験豊富な女と処女が同額ってわけにもいかないしさ。
だけど、ある程度の最低限度ってあると思うんだ。
私はそれがホ別3がギリだと思うのね。
円光をしているJC
JCとの援交

穂別いちご

セフレ募集サイトランキング
穂別いちごで会うのは私のこだわりです。私は穂別いちごでしか会いません。どうして穂別いちごなのかと聞かれても上手く答えられませんがわりきりを始めたときから私は穂別いちごです。これが私の価値と自分で決めているわけではありません。でも、なんとなく穂別いちごが気に入っているのです。私は3年前にわりきりを始めました。きっかけは些細なことです。欲しいものがそのときにたくさんあったから。私は小さい頃から我慢するのが苦手でした。欲しいものはなんでも買ってもらっていたからなのかもしれませんが、ダメだと言われても泣き叫んででも買ってもらうような子供だったのです。両親はそんな私を甘やかしてきました。だから、未だに我慢ができないのです。もう、これはどうしようもありません。今は誰にも甘えることができないので自分の力で欲しいものを手に入れていくしかないのです。それで、わりきりを始めました。欲しいものが手に入るならと私はわりきりをすることも苦ではありませんでした。初めから変わらないのは穂別いちごでしか会わないということです。そうすることで私はなに事もなくわりきりを続けていける。そんな気がしていたからです。願かけのようなものだったのかもしれません。私はそれを今も続けています。そのおかげか今まで変なトラブルに巻き込まれることもなく、わりきりを続けてくることができました。わりきりで会う人とは出会い系サイトで知り合うことが多いのですが、会ってから穂別いちごでと話しても断られたことはありません。だから私はあえて会う前に話さずに会ってから話すことにしています。会う前に話すことで断られてしまう可能性もあるからです。実際に始めたばかりの頃はそんなこともありました。私は私のやり方でこれからもわりきりを続けていきます。
家出掲示板
神待ちアプリ

神待ちアプリ

神待ちサイトランキング
10代で家出をしてから数年。たまに親から連絡が来るのでメールで返事を返すから警察に捜索願いを出されたことがありません。そして、20代になってからは神待ちアプリを利用してバイトがない日にタダで食事に連れて行ってくれる人を見つけたりしていました。今日は神待ちアプリで知り合った男性の原田さんと一緒にお寿司を食べに行くことになりました。原田さんには子供がいなく、私のことを自分の子供のような感じがして、毎週君の顔を見ないと心配するとよく言っています。私も親とは仲が悪いせいか、原田さんの方が本当の父親みたいな感じがして、原田さんからの連絡があると安心します。そんな原田さんとは肉体関係はありません。それもあって父親みたいな感じがします。

待ち合わせ場所には原田さんがいましたがどこか元気のない様子でした。「どうかしたのですか。」「何でもないよ。」その後ホテル内にある寿司屋に入りたくさんのお寿司をご馳走になりました。「今日はご馳走様でした。」かっここの後予定とかある。」「特にはないですよ。」「部屋用意してあるから行かないか。」その言葉を聞いて、父親みたいな存在と思っていたけれど男性なんだと思いました。「今日はどうかしたの。こういう事今まで言わなかったのに。」「健康診断で引っかかって再検査したら癌だった。」驚きのあまりに言葉が出ませんでした。「一度だけでいい。君とやりたい。」日頃の色々とやってくれたからやりましたが、やはり男はみんな同じだと思いました。
宿泊先提供
パパ活
-------------------------

神待ちアプリ

神待ちサイトランキング
先週神待ちアプリで、今まで経験したことがないほどいやらしい体験をしました。男性とは神待ちアプリで近くになったこともあって、連絡先を交換しました。毎日LINEで数回会話をする程度で、紳士的な男性に見えていたのです。でも男性は羞恥プレイが好きだと聞いて、私は会うか会わないか悩んでいました。悩むとどんなプレイをされるのか余計気になってしまって、家でオナニーしてしまったほど。これは自分で確かめるしかない!と思い、二人で会うことにしました。

神待ちアプリで近くに住んでいる方だと知っていたので、週末に泊まりで彼の家にお邪魔しました。マンションの5階にある彼の部屋からは、私の自宅も見えるほど。こんなに近くに住んでいたとはびっくりです。最初は二人で出前の食事を食べて、楽しくおしゃべり。やっぱり紳士的で面白い男性で、少しほっとしました。さりげなく羞恥プレイについて聞いてみたのですが、試してみる?と寝室に誘われてしまい・・・

寝室に行ってからは自分で服を脱ぐように言われ、ベッドの上で自分の股を開いて見せなさいと指示されました。恥ずかしいというと、どうせ後で見るのだから今見せなさいと怒られて・・・怖くなって指示に従い、脚を開いてオマンコを見せてあげました。するとローターを入れられ、大きな鏡の前に移動させられ、オマンコを鏡に映します。自分の恥ずかしい格好を見せられて、どうしていいかわからないほど感じていましたね。

今度は窓に手を付けて立ち、後ろから手マンをされました。窓からは自分の家や外を走っている車が見えて、誰かに裸を見られているのでは?とパニック。そのままバックで挿入もされてしまい、気づけば胸まで窓に押し付けて感じていました。
神待ち
ネカフェ難民
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。