FC2ブログ

ホ別苺

おすすめサイトBEST5
静波さんは、40をちょっと超えたあたりの熟女。まあ、熟女と言っても僕よりはやや年下だ。
割り切り掲示板で、ホ別苺条件で募集していた女性である。
「この年で、若い子に混じって、ホ別苺・・・なんて書くのも恥ずかしいものだけどね」
と、彼女は笑う。
さすがに、寄る年波は隠せないものの、体形はスレンダーであり肌のたるみはない。
結婚歴はなく、20代の頃に勤めていたクラブで、ある政治家に見初められて、愛人だったこともあるそうだ。
「私は、その人の奥さんになりたかったんだけど、出世と同時に関係も清算されちゃってね」
静波さんはそう言って、細い煙草をふかした。しかし、恨みなどはないと言う。
「手切れ金も半端なく貰ったしね。彼が私を大切にしてくれていることはわかっていたから」
今更、水商売に戻る気もなく、こうして、たまにホ別苺くらいで援交することで、老後の資金を蓄積していると言う事だ。
「何事もなく、このまま人生が終わってね。私は私で愛人と言えども、好きな男と充実した日々を過ごせたわけだから、もういいかなって」
彼女にはもう充実感はないのかもしれない。しかし、彼女の肌に触れて熱いキスを交わすとき、僕はとても充実している。
「私は私で今の生活に満足だし、兄さんも遊びだと割り切ってくれたらさ」
そう言って、彼女は僕にまたがってお尻を向けた。見上げる彼女の秘部は年齢の割にはきれいだった。きっと、今では大臣になっているその愛人も、あまり無茶はしなかったのだろう。
やがて、僕のモノがぬくもりに包まれて、僕もそれに呼応するように濡れそぼる彼女に舌を這わせた。
僕がある部分を刺激すると、彼女は全身を震わせてよがった。僕は知っているんだ、貴方の弱点を。
僕はかつては某政党に所属していた政治家で、その大臣とは同期だった。
彼女の記憶からはすでに消えているのだろうが、僕が彼を愛人宅まで車で送迎していたこともあるのだ。
そして、彼にとって政治家生命にかかわるスキャンダルが発覚しそうになった時、出世コースから外れていた僕が代わりに詰め腹を切らされることになった。
こうして、僕が彼の罪を肩代わりすることになり、彼はお詫びの印に貴方を提供したのだ。彼にとって貴方は単に取引材料の駒だったのである。
僕はそれを固辞して野に下ったが、こういう形で出会うとは運命のいたずらとは面白いものである。
僕の目の前で彼女は「まるで彼と寝ているみたい」と、まだけいれんをしている。当然である。僕は彼から聞いていたのだ。貴方がもっとも感じるGスポットを。
ノンケ喰い
口内射精

口内射精

おすすめサイトBEST5
大学の友達から、レイプ被害のトラウマを語られたことがあったけど・・・
学食のメニューでカレーの上に大きいソーセージが乗ってるのがあったの。
それを私が注文して食べてる時に、そんな話をしだしてね。
「私、ソーセージとかそういうの食べられないんだー」って。
なんか、高校の時、不登校だったらしいんだけど、そのきっかけになったのがレイプ被害って。
正確に言えば、レイプっていうか、無理やりトイレに連れ込まれて、口内射精を強要されたんだって。
彼女も、ちょっと咥えれば解放されると思ったから、ちょっとだけ咥えてあげたらしい。
そしたら、その男の方が、もう我慢できないくらいだったんだろうね、咥えた瞬間に口内射精しちゃったって。
顔面に飛び散るし、髪にもかかるし、もうそれがトラウマになっちゃって、学校にも行けなくなって・・・・
それ以来、ソーセージ状のものを見ると、その時の感覚が鮮明によみがえって来て、気分悪くなるって。
まぁ、カレーソーセージをその子の前で注文しちゃってごめん・・・って思ったけどね。
食事しようって時に口内射精の話とかされても・・・
だけど、その子もちゃんと言って理解されたいって思ったから打ち明けてくれたのかなってその時は思ったの。
その後、あちこちでその話を吹いてるんだよね、その子・・・。
さらに他の子から聞いたけど、その子と夏休みにドイツ旅行したって子がいて・・・
「ドイツでフツーにソーセージ食べてたよ?あの子」って。
じゃ、やっぱり、口内射精の話は作り話?ってことになって、なんかよく分かんないけど、私が不愉快だった。
淫乱な人妻
人妻

バイブ

おすすめサイトBEST5
最近俺の彼女がバイブに目覚めちゃってさぁ… (笑)。

最終的には、俺のちんぽが役に立つんだけどさ、前戯として必ずバイブを使うっていうことになってるんだ。

彼女が喜ぶのはいいんだけどさ、生身の男の俺としては、半分フクザツな気分でもあるんだよね。

だって、バイブを使っている時のあいつの顔とか、喘ぎ声って、時々俺と実際にやってる時よりも激しくて、切なそうだったりするんだよね。


あれ!?俺ってバイブに嫉妬してるってこと? (笑)。

なんだかなぁ…生身の男に嫉妬するんだったらまだしも、なんでこの俺様が機械に嫉妬しなくていけねえんだよ…、と言う気分にもなってくるんだ・・・。

友達にこのことを話したら、確かにそういうこと感じたことがあるってやつも結構いた。

なんだろうなぁ…女にとっては、やっぱり強烈な刺激っていう意味ではバイブの方が良かったりっていうそういうこともあるのかなぁ?


実際に彼女にも聞いてみたんだ。

「お前って、俺と実際にやってる時よりも、もしかしてバイブの方が感じてんじゃねーの?」

「え?そんなことないよー…」

「…」

まぁ、そんなやりとりがあったんだけど、別に彼女との間は気まずくはなっていない。
けど、なんだかしっくりこねぇんだよなぁ…バイブを使わないと実際に俺のちんぽの挿入までいかないというこの最近のパターン(笑)。

いちど、電池が切れたとか、バイブが壊れたってことにして前戯でバイブ全く使わないでやってみようかなとかそんなことも思ったりするんだけど、その時にもし彼女が不機嫌にになって、俺の本番行為なしになってしまったら・・・

やだなあ…その時俺すげえ落ち込むだろうな(笑)。


肉便器
メス豚

メス豚

おすすめサイトBEST5
本気で職業差別するのはやめてほしいと思っている・・・。
俺、親の後を継いで農業やってるんだけど、養豚もしてるのね。
んで、一応、嫁募集中。
同世代の同業者と飲み会することがあるんだけど、その時に必ずといっていいほど、酔ったやつに絡まれるの。
「お前も早く結婚しろよ~。あ、そうか、お前はメス豚の方がいいのか!」
そういう流れ。まぁ、一般的にメス豚っていえば、オスの匂いを嗅ぎつけるっていうイメージあるからね。
ほら、トリュフとか探すのに、メス豚使うとか言うし、その印象が強いみたい。
養豚してる人からしたら、メス豚なんて神様みたいなもんだよ。
たくさん子豚産んでくれるからね。金のなる木だよ。
だから、もちろん、俺も親父もメス豚にはすごく気を遣うし、大事にしてる。
メス豚!なんて人をさげすむ言葉で使いたくない。
だって、こっちにしてみれば生活かかってるからね。
この辺で養豚してる人、あんまりいないっていうのもあるし、ブランド豚ブームもあって、結構この辺ではうちは裕福な方だから、妬まれてるのかもね。
確かに、養豚ってあんまりいいイメージのある職業ではないかもしれないけど、豚って可愛いんだよね。
情が移るとよくないから、自分でも自制はしてるけどさ。
こんな職業、ほんと、嫌だなと思うけど、金は入るから(笑)
その分、豚に尽くしてやるって感覚だよな。
こういう感覚を分かち合える女性、いないかなぁ。まぁ、このあたりじゃいないだろうね。
何かっていうと、メス豚!なんて酔った勢いで言われることになるの目に見えてるから・・・。
ナンパ
ハメ撮り