FC2ブログ

パトロン契約

おすすめサイトBEST5
僕は大学の後輩にあたるテルコさんとパトロン契約をしている。
長い黒髪に度がキツそうな黒ぶち眼鏡、ファッションには全く興味がなさそうな着たきり雀ぶりで、遊びとは全く無縁そうに見えるテルコさん。
実際にその通りで、シュリーマンに心酔しているテルコさんは大学院に進み、考古学に人生を捧げる決意をしている女の子である。
「考古学は机上だけでは何の進展もしないんです」
なかなか、大学から発掘費用が捻出できない現状で、彼女はパトロン契約をしてまで資金を確保しようとしていたのだ。
発掘については結果として何も出ないことが多い。掘らなければ何も出ないことは確かながら、結果の出る確証がなければ、そう易々と予算は下りないのだ。
僕も学生時代に考古学を専攻していたので、テルコさんの気持ちはよくわかる。
僕は、考古学から引退して、今では全く関係ない仕事をしているが、古代ロマンを熱く語るテルコさんの情熱に打たれた部分もあり、パトロン契約を申し出たのだ。
ただ、僕がお金を援助してくれるいい人かと言えばそうではなくて、彼女を抱くことを対価として要求するような下衆なのだけど。
しかし、テルコさんは了解してくれた。
お金のためなら、処女の一つや二つ・・・なんて、こちらの気が引けてしまうような決意をしてきたのだ。
「ごめんなさい、私、初めてなのでどうしていいかよくわからなくて」
初めての二人の夜に、テルコさんは目を潤ませながらそう言ってきた。
眼鏡をはずして髪をきれいに整えれば、背が高いだけにそこそこに見栄えするルックスだ。
もし、テルコさんが考古学ではなくて、違う方面に興味を持っていたら、と思わざるを得ない。
貫通は特に支障はなかった。僕の愛撫にテルコさんは普通の女性の様に反応して、僕を受け入れてくれた。
「発掘を待っている遺跡たちも、きっとこんな感じで地面の下で私を待っているんでしょうね」
ベッドの中で二人寄り添いながら、テルコさんはそんなことを言ってきた。
カーテンから漏れる月明かりに照らされたテルコさんの横顔は、神秘的ですらあった。
もちろん、テルコさんには夢を叶えてほしい。ただ、女性としての幸せもつかんでほしいと僕は思った。
愛人契約の意味
パパ契約

お金くれるパパ

おすすめサイトBEST5
「バカボンのパパって実はお金持ちに違いない」
アニメオタクのカナエちゃんが、ベッドの中で哲学的につぶやいた。
なぜこの時代にバカボン?と思ったが、何か今でもアニメになっていたり、ドラマをやっていたりするらしい。まあ、そうでなくても、僕と援助交際しているカナエちゃんは、古今東西のアニメを知り抜いているわけだが。
まあ確かに、バカボン一家がどうやって生計を立てているかという謎がある。
しかし、今でもアニメやドラマをやっているくらいだから、著作権料で生活は成り立っているはずだ、と現実とフィクションぎりぎりの線でカナエちゃんは答えた。
だから、ああ見えて黙っていてもお金は振り込まれる一家だから、お金を稼ぐという概念もなければ使うという概念にも薄い。
「だからバカボンのパパがパパ活始めたらやばいと思うよ。お金はいくらでもあるわけだから」
なんで、こんなネタにこの子は真面目な顔をして考えるのだろう?
とりあえずセックスしよか?と、僕は腕組みして考えているカナエちゃんの体を優しくまさぐった。
バカボンの世界にどっぷり浸っていたカナエちゃんだが、僕の指の動きに次第に股間をエロい液で浸していった。
僕は指と舌を動かしながら考えた。僕は、今、カナエちゃんに対して、お金をくれるパパとして存在している。今のカナエちゃんには、僕がバカボンのパパに見えているのではないだろうか。
だが、バカボンのパパがお金をくれるパパだとして、あの鼻毛のおっさんと援助交際するような女の子はいるのだろうか。少なくとも、僕はバカボンのパパよりは見られるパパだと思う。だから、お金のためとはいえ、カナエちゃんは僕に抱かれているのだ、と考えたい。
やがて、カナエちゃんはすっかり絶頂を迎えていた。普段はアニメオタクだがベッドの中ではアクメオタクであることが頼もしい。僕をじっと見て唇ととがらせたカナエちゃんが、かわいい喘ぎの合間に僕を求めた。
「そろそろ挿れていいのだ」
僕は、これでいいのだ、とばかりにカナエちゃんの中にそっと入っていった。
オフパコの意味
セフレの作り方