FC2ブログ

相互オナニー

おすすめサイトBEST5
ライブチャットで相互オナニーはよくする。
それぞれのオナニーを見て、それぞれのオナニーを高めあう相互オナニーは、チャットオナニーとセンズリ鑑賞を合体させた至上の性戯だ。
「いや、至上の性戯はやっぱりセックスだと思うけどねー」
カメラの前では、ミカンを手にした杏子ちゃんがこっちを見ていた。
彼女とは、先ほど、相互オナニーを終えたところだ。いつも激しい杏子ちゃんだが、今日はメスフェロモン全開のエロ過ぎる一発を見せてくれた。
「そりゃ、オナニーはセックスに比べたらリスクは格段に低いし、自分でやるんだからリターンは確実だけどね」
一生に一度はセックスでオルガズムに達してみたい、と杏子ちゃんはミカンを剥きながら言った。これまで何人かの男と寝たが、肉体的に満足したことはないと言う。
「好きな男に抱かれているという満足感はもちろんあるけど、快感を得るにはセックスはオナニーの足下にも及ばないんじゃないかな」
確かに彼女の言うことはもっともだ。僕も何度か心無いセックスをしたことはあるが、虚しさしか残らない結果になった。
「だからね。セックスの満足感とオナニーの快感が合体できれば最強なんだよ。名付けてオナックス」
と言う事は、好きになった人とオナニーを見せ合えばいいのか?いや、それはなんか違う気がする。
僕は、ミカンを頬張りながらじーっとこちらを見ている杏子ちゃんの乳首を見ながら、彼女とならオナックスの追及ができるのではないかと考えた。
なぜならば、僕はたぶん杏子ちゃんのことが好きなのだ。そうでなければ、エロ目的だけで毎晩のようにお金をつぎ込んでいない。
こうして、幾度も杏子ちゃんのオナニーを見てリズムもウィークポイントもテンポも把握できている。これで彼女が僕のことを好きになってくれさえすれば、彼女が望むオナックスの境地にたどり着くと思うのだ。
まあ、チャットレディーと常連客が実際に会ってしまったら、おそらくそこは終着点だ。そこから先は別れしかないだろう。
今のように、都合のいい時に相互オナニーする程度の仲の方がきっといい。
「あ、みかん食べる?はい、あーん」
考え込んでいると、杏子ちゃんがモニター越しにミカンをつまんで差し出してくれた。そして、僕はあーんと口で受け止める。
本当は、オナックスよりも、リアルで杏子ちゃんとこういうやり取りをしたいのだよね。
オナ指示
エロチャット

オナ指示

おすすめサイトBEST5
私は色気がないのがコンプレックスだったんです。
おっぱいもAAカップって言えるくらい小さくて、服を脱いだら少年の胸みたい。
もうすぐ社会人になるっていうのに、色気の一つも出てこなくて、幼児体形な自分が本当に嫌。
私は少しでも色気を出したくて、最終手段に出ることにしました。
「色気を出したいので、オナ指示出してくれる方募集」
エロチャットで男性に見てもらえれば、少しは色気でも出てくるかもしれない!
返事は直ぐ返ってきて、チャットがつながった。
オナ指示を出してもらう前に、幼児体形でおっぱいが一切ないこと、希望に添えないことなどは断った。
それにしても、すごくイケメンな男性だ。
そうしたら、そのイケメンは「俺、おっぱいの大きな女の人苦手だから大丈夫」だって。
私は安心して、服を脱ぎました。恥ずかしいけど、嫌われないって分かっただけで、人間って大胆になれるものですね。
彼のオナ指示に従って、小さな乳首を触ったり、クリトリスを触っていると、気持ちよくってとろけそうになっちゃいました。
ふと彼の方を見ると、彼のチンコも大きくなってて、私の身体で興奮してくれてるって思ったらすごく自信が付きました。
二人して、オナ指示を出し合って、色んなところを見せて、何度もいって、すごく充実した時間でした。
最後に彼から、「今度は外であってもらえないかな」って言われてびっくり。
お情けで付き合ってくれなくていいですよ。って一応断ったら、
彼、胸の大きいスタイルのいい女の子たちじゃ全く興奮しなくて、ロリコンかもしれないって悩んでた見たいです。
成人女性で行けたのは私が初めてだったようで、何度か会って、よければ付き合ってほしいって言われちゃいました。
次のデートでは一緒にご飯を食べて、ホントにいけるのかもう一回次は触れ合って試す予定。
私の身体に需要があるって分かって、少し色気も出たような気がします。
オナ電
女性のオナニー