FC2ブログ

割り切りの相場

おすすめサイトBEST5
週末の競馬で万馬券をゲットして、僕の懐は一時的にあぶく銭で温もった。
あぶく銭はあぶく銭。あぶくのようにパーっと使ってしまうに限る。そこで、割り切りでもやろうと思ったのが事の始まり。
今、割り切りの相場は幾らくらいなんだろう、と募集の掲示板をざっと眺めていると、平均して10Kから20Kくらいのところ、100Kと言う案件があった。
いくらなんでも強気な価格設定である。しかも、取り立てて他と差別化が感じられる内容ではない。
それだけあれば、吉原出張して遊んでもお釣りが出るくらいだ。
自分に自信があるのか、それだけの価値があると本人が思っているのか。
ひねくれ者の僕は、彼女とコンタクトを取ってみた。割り切りの相場を無視したその女の子をぜひ拝んでみたいと思ったからだ。
もし、どうしようもない女の子が来ても、話のネタには使える。
さすがに、他に応募してくる人間もいなかったらしく、彼女はあっさりとOKしてきた。
100Kの女性との待ち合わせ場所に、駅前とか喫茶店とかは失礼に値する。僕は、某高級ホテルのティーラウンジを指定した。
高級ホテルのツインで、100Kの女を抱く。最高級のあぶく銭の使い方だ。
僕が、ロイヤルダージリンの香りを楽しんでいると、やがてエントランスに一人の挙動不審の女性がやって来た。
白いカットソーにワイドパンツで、クラシックな丸メガネをしているその女の子は、辺りをキョロキョロしながら歩いていた。
さすがに、あんな安っぽそうな女の子が100Kではないな、と見過ごしていると、その子の方からおどおどと僕に声をかけてきた。
なんと、この地味子が100Kだったのだ。ああ、これは話のネタだ。
それでも、悪い子には見えなかったし、何がこの地味子を強気にさせているのか気になった僕は、そのまま彼女とチェックインして割り切りをした。
しかし、セックスも地味だった。まあ、相手が100Kだと考えると、僕は無用に興奮したが。
事が終わり、僕が100Kを渡すと彼女は驚いたように言った。
「こんなにくれるんですか!?」
どうやら、100Kと10Kを間違えていたらしい。ああ、そんなオチか、と僕は苦笑した。
ただ、びっくりして目を見開いた顔が結構かわいかったので、この100Kは定期の先払いにすると言うオチをつけてみた。
でも、次は安ホテルにさせてもらうけどね。
お金くれる彼氏
お金くれるパパ

コメントの投稿

非公開コメント