FC2ブログ

ソフレの作り方

おすすめサイトBEST5
昔から抱き枕を使っているわけでして、何かをこう抱きしめていないと眠れないのですよ。何でこんなことになってしまったのだろうと、いろいろ幼少期を思い出してみるのですが、物心ついた時から枕は頭の下に敷くものではなくて、抱きしめるものと体が認識してしまっているようなのですね。たぶん、僕の前世はきっと木につかまって寝るナマケモノなんでしょう。
しかし、僕もいいトシなんでいつまでも抱き枕じゃないよな、と思い始めるようになりました。いや、何かを抱いていないと眠れないと言う性分を改善する気はありませんが、抱くのなら枕ではなくふんわりとした女性がいいな、と。幸いにも、セックスしなければ死んでしまう体質ではありませんので、そこまでは相手が望まない限り、こちらから手を出すことはありません。だから、せめて添い寝してくれるソフレを探し始めたのですよ。ソフレの作り方としてはマッチングアプリを使いました。僕と同じように何かを抱いていないと不安で眠れない女の子はいるんじゃないかなーって。もちろん、いくらソフレが欲しい女の子がいたとしても、どこの誰かもわからない男と添い寝はしたくないわけで、「よし、キミと添い寝だ!」「喜んでー!」なんていう女子は普通いません。ここは割り切って援助という形を取らせてもらうことにしました。ソフレの作り方としては、現実的でアレですがお金から入るべきでしょう。そこからお金を超えた関係になることを夢見るべきです
そんな感じで、僕もソフレ候補をゲットしました。もちろん、セックスもキスもNGですが、朝まで添い寝はしてくれると言うことでした。生命の無い抱き枕じゃなくて、血が通っている抱き枕ですよ、もう、ヤッター!です。お金を弾んだ甲斐もあって、来てくれたのもかなりかわいい子でした。最高の抱き枕です。
こうしてね、僕はホテルで彼女を抱いて寝たんですよ。抱き心地もよくて最高でした。お得な買い物だと最初は思いました。ただ、夜中に彼女が言ったんです。「おっさん、きつくて眠れねーよ」って。ああ、ソフレは抱き枕と違ってしゃべるんですよ。抱き枕に気を使うことなんてなかったので、まざまざと現実を思い知りました。ソフレの作り方って、抱くことに興奮や癒しを求めているような人間には向かないことを学習した次第です。
エロチャット
相互オナニー

コメントの投稿

非公開コメント