FC2ブログ

無料のオナ電

おすすめサイトBEST5
小学生の頃、カエデちゃんと言う好きな女の子がいた。
そんなカエデちゃんが、クラスのお楽しみ会に備えて脚立に乗って飾りつけを行っていた時のことだ。僕は脚立を支えながら、見上げるとカエデちゃんのスカートの中が見えそうでちょっとドギマギしていた。そんな時に、背伸びして天井から飾りをぶら下げようとしていたカエデちゃんがバランスを崩して足を踏み外したのである。
僕はとっさにカエデちゃんを支えようとして、結果的に落下したカエデちゃんの下敷きになった。僕の顔の上にはカエデちゃんのお尻があった。
「ごめん!大丈夫!?」とカエデちゃんは慌てて僕から飛び降りて体を起こしてくれた。
クラス中の視線が僕に集まっている。僕は何ともなかったのだが、ついウケを狙って言ってしまったのだ。
「カエデのケツうんこくさー!」
実際にクサかったわけではなく、楓ちゃんのケツのむっちりした感触に快感を覚えていたのでちょっと照れ隠しも入っていた。
気づくと、カエデちゃんは泣いていた。冗談のつもりだったが、年頃の女の子が「うんこくさい」と言われて何とも思わないわけがない。僕は取り返しのつかない冗談を言ってしまったと激しく悔いた。
あれからもう20年が経つ。僕はそのことがずっと気になっていた。
「バカだねー。あの時、○○くんが身を投げ出して私をかばってくれたのがうれしかったのよ」
と、すっかり大人になったカエデちゃんは笑っていた。あの日から、中学・高校を経て僕たちは、今は恋人同士だ。僕が就職で上京したので、今はもっぱら電話で相互オナニーをしている。無料のオナ電だ。
あの日以来、僕はどうやら尻フェチになってしまっていた。しかし、あの時のカエデちゃんの涙が忘れられず、カミングアウトはしていなかった。だが、真相を聞いてその枷もようやく外れたようだ。
「今度帰ってきた時に、あの時みたいに顔面騎乗やってあげるよ。今は無料のオナ電で我慢して」
電話からはカエデちゃんがケツを押し当てているであろうグニャッと言う音が聞こえてきた。僕はむしゃぶりつくように受話器の匂いを嗅ぎまくった。
オナ電アプリ
ライブチャットが無料

コメントの投稿

非公開コメント